学校では英語の授業に力を入れ始めている

学校教育の現在と未来について。

学校では英語の授業に力を入れ始めている 学校教育の現在と未来についてです。ゆとり教育世代もいろいろ取り沙汰されましたが現在は成人です。いいところとよくなかったところなどは見聞したりします。義務教育は最低限必要ですが、地域による取り組みはさまざまで、中学などでは給食方式を導入したりします。まだ賛否両論的な面はありますが、弁当持参より給食を進めたりしています。そして学力について特に義務教育を対象とする共通テストを都道府県別にランキングしたりしています。同時に世界標準の位置づけで日本のランキングまで情報が出てきている時代でもあります。偏差値教育は学力偏重主義とされ、ストレスを抱える受験と連動するものですからあまり歓迎されない教育でもありました。

時代は辛いところがあり、学力低下になると結局学力向上を要求し、受験に向かうようになります。高学歴を目指すことは、偏差値教育の表徴でもありました。不況や景気低迷などと叫ばれ、就職に有利になるためには高学歴が有利という昔ながらの考え方も根強いでしょう。しかし高学歴社会であっても、社会が良くなったという根拠は見当たりません。教育の未来と行く末は、人間固有の願望である役に立ちたいということにあると思われます。人としての良心が強く根ざさなければなりませんが、教育における最大の課題になると考えられます。

お薦めサイト

Copyright (C)2022学校では英語の授業に力を入れ始めている.All rights reserved.